風俗で気持よくなれた時の体験談

風俗で気持よくなれた時の体験談

アルバイトが休みの時に初めて風俗に入ってみた時の体験談としては、最初に好みの女の子を選んで、ソファーが置かれてる席に通されて待っていた所、選んだ女の子が私が座ってる席に座ったのです。

それも下着姿で、経験が少ない私にとっては、刺激的だったのです。女の子が私にぴったりとくっついて、ボディタッチをしてきたのです。女の子が私のズボンのベルトを取り始め、下着も脱がされて、ペーパーにアルコールをスプレーして、私のあそこを拭き始めたのです。

私のあそこもすぐにビンビンになってしまったのです。勃起するまで続けたので、それだけで、私は気持ちよくなっしまったのです。

それが終わると、女の子の方から「キスしてもいいですか」と言ってきたので、私も「いいですよ」と言ったのです。女の子が私の唇に、まずはフレンチキッスをして、それから、舌を入れるなどしてディープキスをしたのです。その後、女の子が口から下に移動して、ビンビンになった私のあそこをフェラしてくれたのです。亀頭だけでなく奥までくわえ込んでくれたので、私は、気持ち良さも最高潮になり口の中で射精をしてしまったのです。

私は、女の子とそういった行為は、なかなか経験をしていなかったのと、若かったことから、精子の量も多かったです。

私も風俗でそういった行為をしてくれるのは知らなかったので、それから病みつきになって、何度もその女の子を指名してサービスをしてもらったのです。その風俗店も自宅から近くでしたので、こんなに気持ち良くなれるなんて思ってもみなかったのが初めて風俗に行った時の感想です。料金も低額で利用がしやすかったので、定期的に風俗へ行ってすっきりさせてもらうことが出来ます。

その子の名刺ももらうことが出来たので、出勤される曜日をチェックして、大切に保管をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です