池袋の西口の風俗・デリヘルで出会った女の体験談は若い人妻、

先ず、東京の池袋についての風俗の体験談ですけど、其の池袋といえば学生時代(R大学の頃)から円の有るところで、今でも勤務の帰りに羽根を伸ばすところと言えば池袋になりますね。 そして、池袋といえば新宿に敗けないぐらいの歓楽街や風俗営業の多いところと言えるかもしれません。

特に、池袋の風俗と言えば、西口(北口も含める・・?)や東口もそうですが、特に西口の風俗街は風俗マーケットといわれるほど盛んなところで、汎ゆる層の風俗の種類が揃っているところです。 そして現在では、風俗といえば池袋西といわれるほど池袋ファンも多く、風俗ファンに愛されているところでう。

各言う筆者自身も昔からの池袋ファンで、各お店が色んな種類の色んな形で営業し続けていることはご存知通りで、イメージを変化させながら営業を続けています。 そういう事で今の池袋は駅周辺に集中、または散在している風俗店というのは、特に駅の西口から北口にかけてを中心に営業しているのです。

特に、近年では北口方面にラブホテル街が出来たこともあって、此等のホテルとタイアップしながら派遣型のデリヘルやホテヘルを主体とした営業が沢山あって、盛んになっているのです。

そんなことで、つい先般も休日も池袋で買い物しながら池袋演芸場を楽しんだ後の帰り道、珍しく池袋の西口で一杯のんだのです。 この地は例によって、陽が落ちて宵ともなるとネオンがキラキラ輝きだし、何処からともなく濃い化粧した女たちが客引きに声を出す、所謂、歓楽通りでもあるんです。

そして、其の周辺は今ではすっかりイメクラやデリヘルが並ぶ風俗街になっていて、チャンと昔の面影を残しているところでもあります。 近くにはデリヘリも多いせいかラブホテルも並んでいて、値段的にも1時間のショートタイムで3000円台と結構割安なのです。

さて、その後ブラブラしながら、やはり手軽に気楽に遊べるのはやはりデリヘル化ホテヘルということになるでしょう。 どちらも待ち合わせ型、派遣型といって一般にはラブホテルで遊べるのが何と言っても気楽でいいもんです。 ただ、此の種の風俗の場合はラブホテス代というのが余計にかかりますけど、池袋の場合はタイアップしているせいか極端に安く休憩もできるのですし、此れが池袋の特徴かもしれません。