風俗で生理でも裸になってくれた時の体験談

風俗での体験談としては、行った所の女の子は、風俗での仕事は出来ないかと思っていたのです。いつものように私のパンツを脱がして、アルコールで消毒をする所からスタートをするのです。

私は、いろいろな風俗に行ったことがありますが、どこの風俗でも同じような手順だったのです。お気に入りの女の子は、「私生理なんだけど、いいや」といいながら、裸になってくれたのす。

勃起をした私の前で女の子はキャミソールを脱いで、パンツを脱いでサービスを開始したのです。その時の女の子はキスをした後、私にまたがっておっぱいを舐めさせてくれたのです。おっぱいはとても柔らかく、乳首も可愛らしかったので、舐めていても気持ち良さを感じたのです。

私は、生理ということでしたので、あそこにタンポンが入っていたのですが、引っこ抜くのは可哀そうと思って、そのままの状態で、指を優しく入れてあげたのです。タンポンを入れてるからかわかりませんが、感度がいまいちでしたので、クリトリスを愛撫してあげたのです。

すると、徐々に勃起してきて、女の子の口から喘ぎ声が聞こえたのです。それからフェラに行ったのですが、私も気持ちよくさせてあげたいと思って、「69をしたい」と言ったら、「いいよ」と言ってくれたので、お互い気持ちよくなることが出来たのです。

時間も限られていることから、舐めるのも短い時間でしたが、女の子のあそこはとても美味しかったのを覚えてます。生理中ということから、目の前に紐が見えて引っこ抜きたいと思ったのですが、舐めている途中血が顔や服にかかったらどうしようと思ったので、今回は、紐をどかしながら舐めることになったのです。あそこを舌先でぺろぺろしたら、女の子の喘ぎ声が聞こえて、私は感じてくれていることに大変嬉しかったです。

一緒にアナルの少しだけ舐めてあげたら、「そこはだめ」という声が聞こえたのです。今度は生理じゃない時に来ることを約束したのです。